top of page
IGURYOKKA BOTANICAL LIFE SUPPORT
私を整える、ハーブティー

​揺らぎがちな春に

大切にしたい、

自分だけの整え時間。

​おいしく、やさしく

私を整えられる

ハーブティーをご紹介。

4月もそろそろ終わり。

春のあわただしさも和らいで、

新しい環境にも慣れてきた。

ここらでちょっと、

自分と向き合ってみる。

Have fun with herb tea.
セルフケアにハーブティーが
​おすすめな理由。

​リラックスしたい時や、気分転換などに飲みたくなるハーブティー。「自分を整える」におすすめな理由をご紹介します。

​自分の悩みに
​合わせて選べる

気持ちを落ち着かせる、胃の調子を整える、冷えやほてりを和らげる…ハーブごとに多種多様な効果があります。悩み、症状別で細かく選べるのは大きな魅力です。

時間を選ばない、
うれしいカフェインレス

ハーブティーの多くはカフェインレス。コーヒー類を控えている人や、就寝前に飲んでも罪悪感のないドリンクです。中にはカフェイン同様に覚醒作用を持つものもあるので、​目覚めの一杯にいいかもしれませんね。

※妊娠中の方や持病のある方、治療中の方には適さないハーブティーもあります。 

 飲用の際は体調や体質にくれぐれもご注意ください。

​ 不安な場合は医師にご相談ください。

かしこく、おいしく
楽しむコツ。

せっかくなら、有効成分を一杯で効率よく摂取したいもの。​かしこく、手軽に味わうコツをご紹介します。シンプルでカンタンな基本をしっかり守ることが一番の近道です!

​ドライ
ハーブ
 01 

コツその1は、ドライハーブを使うこと。保存がきいて、扱いやすいメリットがあります。フレッシュハーブが手に入りづらい時期でも、ドライなら手軽に楽しめます。

購入する際は「学名」と「保存期限」が明記されているものを選びましょう。

フレッシュハーブの場合は、収穫時期がベストで新鮮なものを使いましょう。

ローズマリーは記憶力UPや集中力UP、気分転換に良いとされています。ミントなどとブレンド​すると飲みやすくなります。

ジャーマンカモミールなど、フレッシュの方が香りが強く楽しめるものも。一般に、ドライになると角が取れたようなマイルドな味わいになります。ドライとフレッシュ、ぜひどちらも楽しんでみてください。

蒸らし
​時間
 02 

購入品に記載されている蒸らし時間を守ることが、味も良く有効成分も効率よくとれるコツ。ティーポットでも、カップに直接ティーバッグでも、丁寧な蒸らしを心がけて。

花や葉のものは1~3

茎や種子のものは3~5分 が目安となります。あまり長く浸すと、かえって風味が落ちてしまいます。

道具との
​相性
 03 

最後のコツは、道具の選び方。ケトルや茶こし、スプーンなどが主な道具。アルミや鉄製のものはハーブの抽出成分を変化させてしまうこともあります。

オススメはステンレス製か、ナイロン製のもの。大切な抽出成分をしっかりとりましょう。

ハーブとフルーツをブレンドし、濾さずにそのままいただける「食べるハーブティー」も登場しています。ローズヒップやハイビスカスなどが美味しく食べられます。しかし、摂取しすぎると良くないハーブには注意。少量食べても問題のないものにとどめておきましょう。

おいしく自分を整えてくれるハーブティー。
少しずつ自分好みにアレンジできるのも楽しみのひとつ。
ぜひ暮らしに取り入れてみてください。

Have fun with herb tea.

参考文献

特定非営利活動法人ジャパンハーブソサエティー(2013).『ハーブの教科書~こころ・からだ、環境にやさしいハーブ~』,草土出版.

特定非営利活動法人ジャパンハーブソサエティー(2018).『ハーブのすべてがわかる事典』,ナツメ社.

Text / Illust

​WATANABE

自然豊かな場所、古いものが好き。​ハーブのある暮らしを勉強中。
​あれこれ考えながら書く文章とイラストが楽しい。

5/20 配信予定 

NEXT

「新緑の美しい植物の話」

2024 IGURYOKKA Inc.

​©

bottom of page